不動産登記業務

  • 当事務所でお取り扱いしている主な不動産登記業務をご案内しております。
  • 報酬・費用については、こちらをご覧ください。
不動産登記の名称 内容
建物所有権保存登記 家屋を新築した際に、建物表題登記(登記簿の一番上に表示される建物の構造や床面積などを申請する登記)のあと、最初に申請する所有権の登記です。
売買による所有権移転登記 不動産を購入した際、買主である新しい所有者へ名義変更をするための登記です。
相続登記 不動産の所有者が死亡した際に、遺産分割協議などにより不動産を相続することとなった相続人へ名義変更をするための登記です。
贈与による所有権移転登記 不動産を親から子へ贈与又は夫婦間で贈与をした際に、贈与を受けた方へ名義変更するための登記です。
(根)抵当権設定登記 住宅ローンを組んだ場合や不動産を担保として事業用にお金を借りた際に、担保に入っていることが分かるようにするための登記です。
登記名義人住所等変更登記 登記されている名義人が住所を移転したり、結婚により姓が変ったりした場合に、それを登記上に反映させるための登記です。
各登記の抹消登記 住宅ローンを払い終わった後の抵当権設定登記のように不要になった登記や、勘違いなどで間違って登記されたのもを登記上から削除するための登記です。
各種仮登記 売買に条件が付いていたり、登記に必要な権利証がすぐに見つからないといった理由により、必要な登記(本登記といいます。)ができない場合に、取り急ぎ、登記の順番を確保するために行なう仮の登記です。

このページのトップへ